中世の薬草♪

個人的に興味のある中世の薬草を、こちらでご紹介します。個人メモかも?

マンドラゴラの悲鳴

マンドラゴラが魔女の薬草の資格をもつのは、アルカロイドのアトロピン、スコポラミンという毒成分をもっていることもあるが、この人間に似た姿に負うところが大きい。

また、その根を掘るときの言い伝えが恐ろしい。

根は掘られるとき、恐ろしい悲鳴をあげるので、掘る人は耳栓をしないと発狂するか死んでしまう。

そのため、ロープを根に結びつけ、犬に引かせて掘り出すが、犬は犠盤になって死んでしまうと伝えられている。