中世の薬草♪

個人的に興味のある中世の薬草を、こちらでご紹介します。個人メモかも?

ヤネバンダイソウについて

ヤネパンダイソウは薬草としての効果もあり、サラダ、茶として活用され、口内炎、夜尿症、下痢、生理不順などに効くという。

真偽のほどはわからないが、ソバカス退治にも効くそうだ。

ヒルデガルト・フォン・ピンゲンの『フィジカ・自然の治癒力』によると、ヤネバンダイソウは精力増進の効果が抜群だという。

健康な男性が食べると性欲に火がついたようになり、老齢でも生殖能力は復活する。

しかし、女性の不妊は解決されないそうだ。

また、耳のよく聞こえない人には、ヤネバンダイソウの絞り汁を繰り返し耳に入れてやれば必ず聞こえるようになるとも言っている。