中世の薬草♪

個人的に興味のある中世の薬草を、こちらでご紹介します。個人メモかも?

火曜に摘むクマツヅラ

火曜日に摘むクマツヅラは、古代では祭壇に飾る花として尊重されていた。

クマツヅラの花はとても可憐である。

真夏に薄紫色の小さな花を穂状に密集して咲かせる。

クマツヅラは、古代エジプトでは「イシスの涙」といわれ、儀式の際に燃やされた。

また、ローマ神話の主神ジュピターの妃の名をとって「ユノの涙」といわれ、やはり祭壇に飾られた。

北欧神話ではトール神に、ペルシャでは太陽神に捧げられた。