読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

中世の薬草♪

個人的に興味のある中世の薬草を、こちらでご紹介します。個人メモかも?

ヨハネの草

セイヨウオトギリソウはドイツ語でヨハニスクラオト、英語でセントジョーンズワート、どちらもヨハネの草という意味である。

ヨハネはヨルダン河でイエスに洗礼を授けたバプテスマ(洗礼者)のヨハネのことである。

彼は後にガリラヤの領主ヘロデ・アンティバスに憎まれ、王の義理の娘サロメの要求によって首を切られた。

そのとき飛び散った血がこの点々で、赤い汁もヨハネの血だという。

広告を非表示にする