読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

中世の薬草♪

個人的に興味のある中世の薬草を、こちらでご紹介します。個人メモかも?

ハナハッカとニガハッカ

グリム兄弟のハナハッカとニガハッカが産婆や産婦の魔除け草だったという話がある。

たとえば、昔、ハレ(ドイツ東部の町)に住んでいた産婆が、男の水の精に呼び出され、川底に棲む彼の妻の出産を手伝うことになった。

産婆は親身になって手を尽くしたので水の精の妻は感謝して、産婆が無引に家に帰れるように、こんな忠告をした。

「出された費用は全部もらわないで、少しだけにすること。

そして、川底から地上に上がったら、そこにハナハッカやニガハッカがあるから、すぐにそれをしっかりつかむこと」と。

産婆はそのとおりにして、無事家に帰りついた。

また、水の精に製われそうになった産婦がニガハッカやハナハッカの生い茂る中に隠れて助かったという話もある。