中世の薬草♪

個人的に興味のある中世の薬草を、こちらでご紹介します。個人メモかも?

トウダイグサ

脱毛だけでなく皮膚を爛れさせる毒をもった「魔女の薬草」がある。

トウダイグサ科には、皮膚に害を与える有毒なものが多い。

ノウルシも同じ仲間である。

皮膚に塗っただけで爛れや水庖が生じ、口に入ると消化器を損ない、激しい下痢を起こす。

トウダイグサ科トウダイグサの茎を折ると白い液が出る。

この汁が目に入ると失明の恐れもある。

トウダイグサはドイツ語では「狼の乳」というが、汁が乳色をしているからというだけではなく、狼退治に使われたようだ。

日本でも、同じトウダイグサの仲間であるナットウダイの根が狼除けに利用されたことがあったという。

「狼の乳」に比べると、和名のトウダイグサ(灯台草)はその姿が優先されていて、美しいイメージをよびおこす。

葉が受け皿のようで、その中央から茎が伸びて花が開く。

まるで灯明を置く台に似ているのである。

塗るための「魔女の軟膏」に、塗れば爛れをおこすトウダイグサの名が挙がっているのは、「魔女の軟膏」がいかにも恐ろしいと思わせるためではないだろうか。

広告を非表示にする