中世の薬草♪

個人的に興味のある中世の薬草を、こちらでご紹介します。個人メモかも?

イヌホオズキ

魔女の薬草が堕胎に使われた可能性は非常に高かった。

飛行用よりもはるかに需要があったと思える。

殺人も怖いが、出産で命を落とすことも妊婦にとって大きな恐怖だった。

現代とは違い衛生環境の整っていない時代にはなおのことである。

人々は安産を望み、加持祈祷もしたろうが、陣痛を促す薬草や産後の回復に効く薬草を頼りにした。

だが、陣痛促進に効果のある薬草は子宮収斂作用のあるものだから、効果が強すぎれば流産の危険もある。

広告を非表示にする