読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

中世の薬草♪

個人的に興味のある中世の薬草を、こちらでご紹介します。個人メモかも?

エンジェルストランペット

江戸時代に渡来したチョウセンアサガオは、栽培が難しいうえに薬用化するには採算が合わないということで、その後、日本ではほとんど見られなくなった。

しかし、最近は近縁種のエンジェルストランペットが一般家庭の庭先でよく見られる。

天使のトランペットという名前やみごとに大きなラッパの形をした花が愛でられるのだろうが、これにも毒成分がある。

イエスの受胎をマリアに告げたのは大天使のガブリエルだった。

イエスが生まれたとき祝福のラッパを吹き鳴らしたのも大勢の天使だった。

天使は祝福のシンボルになり、クリスマスツリーに可愛い姿で飾られるようになった。

しかし、この世の終わりがどんな恐ろしい形でやってくるかを『ヨハネの黙示録』で告げ知らせているのも、「ラッパのような声」の天使たちである。

最後の審判」に立ち会ってラッパを鳴らすのも天使たちである。

天使のトランペットは耳に快いものだけではない。

悪魔は、神に逆らって天国から落とされた天使、つまり堕天使である。

天使という名前に騙されないように注意しないといけない。