読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

中世の薬草♪

個人的に興味のある中世の薬草を、こちらでご紹介します。個人メモかも?

トリカブト

強い毒成分を含む薬草は殺人用に使われた。

キンポウゲ科のセイヨウトリカブトもその強烈な毒のために、魔女の薬草の一つに数えられている。

トリカブトの毒は古代から毒矢に用いられ、暗殺にも用いられてきた。

現代でも、これを使った殺人事件がしばしば起きている。

その毒はこれに勝るものはないと言われるほどである。

全草、根から花粉に至るまでアルカロイドのアコニチンという猛毒を含んでいて、数グラムで死に至る。

臭気を嘆いだだけで気絶したとか、サソリでさえこの草を投げつけられるとぐったりしてしまうなどと昔の本に書いであったので、さすがトリカブトだと思った。

広告を非表示にする