読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

中世の薬草♪

個人的に興味のある中世の薬草を、こちらでご紹介します。個人メモかも?

穀物の母

この塊は普通の穀物とは段違いに大きいので、ドイツ語では「穀物の母」といい、これが魔女のドクムギである。

芽が出たての頃は菌がついているかどうかわからないので、疑わしくてもそのままにしておき、脱穀するときに注意して取り除いたという。

新約聖書のマタイ伝にこんな話がある。

ある人がよい種を蒔いたが、彼の敵が夜中にやってきてその中にドクムギを蒔いていった。

やがてムギが実ったときに、ドクムギも姿を現した。

その人のしもベたちが、それを抜き取ろうとした。

すると、その人は、そんなことをしたらよいムギも一緒に抜き取ってしまいかねないから、そのままにしておきなさい。

収穫のときに取り分ければいいと言った。

広告を非表示にする