読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

中世の薬草♪

個人的に興味のある中世の薬草を、こちらでご紹介します。個人メモかも?

アルカロイド家

例えていえば、アルカロイド家は恐ろしい家系で、この一家の数は多く、どれもこれもみな似たような、恐ろしい毒をもっている。

ヒヨスチアミンアルカロイド家を代表する一員ということになる。

「魔女の軟膏」として挙げられた植物の多くが、ナス族の流れをくむアルカロイド家の一員である。

ただし強い毒性をもった植物は、それをうまく使えば効果のある薬になる。

ヒヨスに含まれるスコポラミンは、手術のときに筋肉を弛緩させたり、乗り物の酔い止めに効果がある。

ヒヨスの葉には痛みを和らげる成分が含まれている。

しかし、大量に用いると昏睡状態になるので、素人が扱ってはいけないという。

薬草に含まれる毒は必ずしも悪いとは限らない。

広告を非表示にする