読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

中世の薬草♪

個人的に興味のある中世の薬草を、こちらでご紹介します。個人メモかも?

薬草の魔力

「魔法の薬草」という言葉には何か人をワクワクさせるものがある。

魔法の薬草があったら、いったいどんな魔力を発揮するのだろう。

それを使えば、日常にはあり得ない不可思議な力が授かるのだろうか。

恋の悩みなんかあっという聞に解決するのだろうか。

苦しい病、死の恐怖からも逃れることができるのだろうか。

広告を非表示にする

シダについて

シダは、6月24日(ヨハネの祝日)の夜に花をつけ、同時に胞子を落とすと言われていた。

シダは顕花刷物ではないので、これはおかしな言い伝えだが、ともかく、この日、人々はシダの胞子集めに奔走した。

その熱狂ぶりはすさまじく、17世紀には、バイエルン(南ドイツ)のマキシミリアン公爵が、魔王を使う目的てシダの胞子を集めることを禁じ、教会もシダ胞子採取禁止令を出している。

同じシダ楠物のヒカゲノカズラはドイツでは「魔女の小麦粉」というが、日本ではその線香花火の材料にしたそうだ。

日本では正月にウラジロを飾るが、これもシダ植物である。

葉の裏が白いので、心の裏まで潔白であることを示すために、裏側を表にして飾ることになっている。

一種の呪術的な活用である。

広告を非表示にする

金曜に摘むシダ

シダは不思議な植物である。

おおよそ4億年前の大昔から生育し、ほとんど進化せず、絶滅もせず、今に至っている。

オシダとメシだは、分類されるグループも葉の形も違うが、昔はペアで魔王の草として扱われていた。

ヨーロッパのオシダは悪魔もこれを忌避するほどの偉大な植物で、雷、霰、雹も避けると言う。

また、健忘症気味の人や無知な人は、オシダの胞子、実際は胞子嚢なのだが、これを手に握っているといいとも言っている。

広告を非表示にする

ヤネバンダイソウについて

ヤネパンダイソウは薬草としての効果もあり、サラダ、茶として活用され、口内炎、夜尿症、下痢、生理不順などに効くという。

真偽のほどはわからないが、ソバカス退治にも効くそうだ。

ヒルデガルト・フォン・ピンゲンの『フィジカ・自然の治癒力』によると、ヤネバンダイソウは精力増進の効果が抜群だという。

健康な男性が食べると性欲に火がついたようになり、老齢でも生殖能力は復活する。

しかし、女性の不妊は解決されないそうだ。

また、耳のよく聞こえない人には、ヤネバンダイソウの絞り汁を繰り返し耳に入れてやれば必ず聞こえるようになるとも言っている。

木曜に摘むヤネバンダイソウ

木曜日に摘むベンケイソウ科のヤネバンダイソウは、家畜小屋や物置小屋の屋根に自生する。

ロゼット上の肉質の葉で、夏にピンクの花が咲く。

ドイツ語ではハウスヴルツとかダッハヴルツ(屋根の草)ともいう。

ヤネバンダイソウが屋根の上で花を咲かせると、それはその家で誰かが死ぬ予兆だとも民間では信じられていた。

セイヨウヤマアイについて

古代から婦人病、特に生理生涯に効くというので、薬用茶として利用されていた。

ただし、生の葉は毒があるので、乾かして用いるようにする。

ヤマアイに含まれている成分サボニンは、赤血球膜内のコレステロールと結合すると細胞膜を破壊してしまう。

口にすると血便や血尿が出るというから、恐ろしい「魔女の薬草」に思われた可能性はある。

水曜に摘むセイヨウヤマアイ

水曜日に摘むトウダイグサ科のセイヨウヤマアイは、さまざまな治療に使われる薬草である。

学名のメルクルアリスだが、その語源については諸説あり、はっきりしたことはわかっていない。

メルクールは水銀を意味することから、この草が水銀を使う錬金術と関係があったのではないかという説がある。

またローマ神話の神メルクリウス(英語でマーキュリー)に由来するという説もある。