中世の薬草♪

個人的に興味のある中世の薬草を、こちらでご紹介します。個人メモかも?

マンドラゴラの悲鳴

マンドラゴラが魔女の薬草の資格をもつのは、アルカロイドのアトロピン、スコポラミンという毒成分をもっていることもあるが、この人間に似た姿に負うところが大きい。

また、その根を掘るときの言い伝えが恐ろしい。

根は掘られるとき、恐ろしい悲鳴をあげるので、掘る人は耳栓をしないと発狂するか死んでしまう。

そのため、ロープを根に結びつけ、犬に引かせて掘り出すが、犬は犠盤になって死んでしまうと伝えられている。

マンドラゴラ

マンドラゴラは魔法の薬草の王様である。

英語でマンドレー ク、ドイツ語では古代ゲルマンの予言者アルルナに由来してアルラウンあるいはアルラウネといわれている。

東地中海沿岸に起源をもっこの植物ほど妖しい伝説にみちた植物も少ない。

根は太く二股に分かれ、まるで人間の下半身のように見える。

地上には大きな葉だけがロゼット状に広がって生え、それがふさふさした人間の髪の毛みたいで、絵に描くと全体が人間の姿のようになる。

広告を非表示にする

魔法について

魔法という言葉は英語でマジック、ドイツ語ではツァオパーというが、どちらも魔法、魔術、妖術、呪術などと訳される。

魔法学校なら入学したくなるかもしれないが、妖術学校というと腰が引けそうだ。

呪術の呪も「呪い」なら怖いが、「おまじない」ならやってみたくなるかもしれない。

言葉とは面白い。

広告を非表示にする

薬草の魔力

「魔法の薬草」という言葉には何か人をワクワクさせるものがある。

魔法の薬草があったら、いったいどんな魔力を発揮するのだろう。

それを使えば、日常にはあり得ない不可思議な力が授かるのだろうか。

恋の悩みなんかあっという聞に解決するのだろうか。

苦しい病、死の恐怖からも逃れることができるのだろうか。

広告を非表示にする

シダについて

シダは、6月24日(ヨハネの祝日)の夜に花をつけ、同時に胞子を落とすと言われていた。

シダは顕花刷物ではないので、これはおかしな言い伝えだが、ともかく、この日、人々はシダの胞子集めに奔走した。

その熱狂ぶりはすさまじく、17世紀には、バイエルン(南ドイツ)のマキシミリアン公爵が、魔王を使う目的てシダの胞子を集めることを禁じ、教会もシダ胞子採取禁止令を出している。

同じシダ楠物のヒカゲノカズラはドイツでは「魔女の小麦粉」というが、日本ではその線香花火の材料にしたそうだ。

日本では正月にウラジロを飾るが、これもシダ植物である。

葉の裏が白いので、心の裏まで潔白であることを示すために、裏側を表にして飾ることになっている。

一種の呪術的な活用である。

広告を非表示にする

金曜に摘むシダ

シダは不思議な植物である。

おおよそ4億年前の大昔から生育し、ほとんど進化せず、絶滅もせず、今に至っている。

オシダとメシだは、分類されるグループも葉の形も違うが、昔はペアで魔王の草として扱われていた。

ヨーロッパのオシダは悪魔もこれを忌避するほどの偉大な植物で、雷、霰、雹も避けると言う。

また、健忘症気味の人や無知な人は、オシダの胞子、実際は胞子嚢なのだが、これを手に握っているといいとも言っている。

広告を非表示にする

ヤネバンダイソウについて

ヤネパンダイソウは薬草としての効果もあり、サラダ、茶として活用され、口内炎、夜尿症、下痢、生理不順などに効くという。

真偽のほどはわからないが、ソバカス退治にも効くそうだ。

ヒルデガルト・フォン・ピンゲンの『フィジカ・自然の治癒力』によると、ヤネバンダイソウは精力増進の効果が抜群だという。

健康な男性が食べると性欲に火がついたようになり、老齢でも生殖能力は復活する。

しかし、女性の不妊は解決されないそうだ。

また、耳のよく聞こえない人には、ヤネバンダイソウの絞り汁を繰り返し耳に入れてやれば必ず聞こえるようになるとも言っている。